工事方法

■ 施工概要
地上からの高さや電力線等との離隔に注意し、引き込み線を敷設します。そして建物側面へ光放送端末(V-ONU)を取り付けます。光放送端末はメンテナンス性を考慮し、脚立の届く範囲に設置いたします。光テレビは光放送端末でテレビ同軸に変換をし、宅内分配器へ接続します。光NET・光でんわは別途光配線を宅内に引き込み、機器を設置します。宅内への配管があればできるだけ使用しますが、使用できない場合や配管がない場合は穴あけ工事が必要となります。事前に工事担当が現地打合せすることもできますので、弊社までご相談ください。

イメージ図

※新築で宅内に弱電端子ボックスが設けられている場合は、光放送端末(V-ONU)も宅内へ設置することができます。詳細は 光エリア施工マニュアル をご参照ください。
タイトルなし
  • テレビ分配数が多い場合は、増幅器(ブースター)が必要になる場合があります。
    増幅器(ブースター)は、CATV・BS・CS対応の製品をご使用ください。CATV非対応の製品を使用すると、一部のチャンネルが映らなくなります。
  • ケーブルテレビご解約の際、当社でアンテナ等他社サービスへの切替え作業はいたしません。また全サービス解約の場合は引き込み線撤去料5,000円(税込5,400円)がかかります。