平成27年度第1回番組審議委員会

委  員番組審議委員(出席者)
 滝沢 修身
 平沢 正典
 竹沢 久美子
 小平 操
 宮沢 卓美
 赤羽 和夫
 福島 喜弘
 池上 和広
 保科 勇
 片桐 充昭
 宮崎 美和子
 片桐 剛
 小林 雄五郎

 弊社代表 野溝 一雄

事務局
 林 恵美子
 佐藤 幸宏
開催日時 平成27年9月29日(火)午前11時〜12時半
会  場 エコーシティー・駒ヶ岳 会議室
意見・要望・感想等・ どんちゃんまつりの生中継は、高齢で現場に行けない人が多いので、毎年生中継をしてほしい。
◇ 人員の問題があり難しいが、スタッフのスキルアップを図りながら、前向きに検討したい。
・ よく取材してもらいありがたい。地域の文化財の番組はきめ細かく取り上げてもらい、見に行けない人から良かったとの反響があった。
・ 地域外の番組が多くなっているが、大きな方向性として、地元の番組は減っていくのか。
◇ チャンネルのコンテンツの一つとして地域外の情報も取り入れている。有効に使っていきたいが、地元の番組を減らすつもりはない。また、地元の情報も県内ネットワーク等を使い、地域に向けて発信していけるような番組を制作していきたい。
・ 文字放送の悲しみの背景の絵柄を宗教に関係ないものに変更してはどうでしょうか。
◇ 検討し適切なものに変更します。
・ 取材依頼をした際、来てはもらえるが取材してほしい時間に来てもらえないのが残念。
◇ なるべくご期待にそえるように対応していきたい。
・ キャスターの衣装が地味なので、もう少し華やかにしてはどうでしょうか。
◇ 検討して、より良くしていきたい。
備  考・平成27年度「地方の時代」映像祭への出品作品を視聴。
  「RAIL」(駒ヶ根工業高校の生徒がプロジェクションマッピングに取り組んだ番組)
・宮田村エリア伝送路設備高度化事業の進歩状況と今後の予定
・行政チャンネルの地上デジタル放送移行について
・飯島町・中川村議会中継設備のハイビジョン化について