ホーム > 障害・メンテナンス情報 > Microsoft Windows , Internet Explorer , Microsoft Edge セキュリティに関するアップデート実施のお願い

Microsoft Windows , Internet Explorer , Microsoft Edge セキュリティに関するアップデート実施のお願い

Microsoft社から、2018年1月3日・9日(現地時間)に、Windows 10 および Windows Server 2016、Microsoft Edge、Internet Explorer(Windows7~)のセキュリティ更新プログラムが公開されています。
本更新プログラムには、深刻度が「緊急」のセキュリティ更新プログラムが含まれています。脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードが実行されるなどの恐れがあります。
システムに対する影響をご検討のうえ、速やかにWindows Update・Microsoft Update等を使用しての更新措置を講じるようお願いいたします。
なお、Microsoft Edge及びInternet Explorerにつきましては、修正プログラムの適用が完了するまでは使用を控えるとともに、代替ブラウザの使用を推奨します。代替ブラウザの使用が困難な場合は、Microsoft Edge及びInternet Explorerの使用を原則控えるなど、インターネットアクセスを必要最小限とすることを推奨します。

※CPUが旧式のAMDのプロセッサを搭載した一部の端末で不具合が確認されたため、対象マシンへのWindows更新プログラムの配信を停止しています。対応が完了次第、速やかにでの更新をお願いします。

※Windows 7より以前のWindows(Windows Vista、Windows xp等)についてはサポート期間が終了しているため、本脆弱性への対策は行われません。これらのOSを使用してのインターネットアクセスは控えることと、お買い替えをご検討いただけるよう強くお願いいたします。

2018 年 1 月のセキュリティ更新プログラム (月例) (マイクロソフト日本法人)
https://blogs.technet.microsoft.com/jpsecurity/2018/01/10/201801-security-updates/

2018年 1月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起 (JPCERTコーディネーションセンター)
https://www.jpcert.or.jp/at/2018/at180002.html